1. ホーム
  2. ブログ
  3. 開業した理由

開業した理由

公開日

 おはようございます。みどリハのみねざきです。

 気持ちの良い朝ですね。当院は日当たりが適度に抑えられているのか、比較的涼しく感じます。

 開業した場所は、以前はワインのお店だったと伺いました。

 壁や天井など、とてもお洒落なつくりをされていて、そのまま引き継ぐことができましたので、内装を考えるうえで大変助かりました。

 ある意味、バーみたいな雰囲気ですね。

 院内の物品や照明なども、自分なりにこだわりました。入って頂くと、空気がきれいな印象を受けるかもしれません。

 僕がお世話になっている仙台の恩師の治療院は、入っただけで体調がよくなるような空間でした。

 長年献身的に患者さんをケアし続けた結果、作り出されたものでしょう。

 いつかは、あんな感じに育ってほしいと思います。

 

 さて、今日は自分が創業を決めた理由を書きたいと思います。

 簡単に自己紹介をさせていただきますと、昭和58年生まれの36歳。

 理学療法士歴は13年となりました。

 上尾市の介護老人保健施設へ入職し、その後に騎西町(現在は加須市)の病院へ。そこでは、理学療法科の立ち上げを行いました。

 それから、伊豆大島の離島へ半年間ほど。

 帰ってきて、川島町の整形外科クリニックに就職。

 そこで整形外科疾患の対応をしっかり勉強して、川口の整形外科クリニックで再び立ち上げを行いました。

 7年間在籍し、当初は2名の理学療法士が所属していた小さな組織も、5名が所属する組織へ成長。

 「そろそろ自分が抜けても、後輩にバトンタッチしても良いかな」と思い、4月に退職いたしました。

 以前の職場では、主任の様な立場でしたので、収入面も安定していましたし、何より病院です。毎日患者さんが多くやってきます。

 理学療法士は一週間に医療機関で診ていい患者さんの数(単位数)が決まっていますが、毎週フルで入っていました。

 とにかく患者さんを一日でも早く良くしたい。そこだけを追求して、臨床を続けてきたのですよね。

 ある程度自信がついてきた時期、仲間のケアマネージャーから、こんな相談を受けました。

 「会ってほしい患者さんがいるんだけど…」

 その方は、40代の女性。脳梗塞による、左半身麻痺を患っていました。

 職場で倒れ、総合病院や退院後のデイケアで懸命なリハビリを行うも、改善せず。本人は、発症当初よりも経過していくほどに、身体が悪くなっている感じがすると話していたそうです。

 本来であれば、自然治癒とリハビリの効果で、時間の経過とともに改善するはずです。

 でも本人は、経過していくほど悪くなっていったと話していました。

 小さなお子さんが二人いて、旦那さんは仕事で精いっぱい。

 甘えたいお子さんの相手と、左半身麻痺を患った身体での家事仕事。

 将来に希望が見えない中で、藁にもすがる思いで、解決策を探していたようです。

 仲間のケアマネージャーは勉強仲間でもあり、自分のリハビリなら、改善の可能性があるのではないかと考えたみたいです。

 紹介を受け、さっそく患者さんのご自宅へお伺いしました。

 初めて家に入った時の第一印象は、ずっと忘れません。

 「病院から出た患者さんは、こんな過酷な生活を送っているのか…」

 そんな思いが頭をよぎりました。

 何とかしてあげたくて、精いっぱいのリハビリを提供しました。

 でも、わずかな変化しか出せませんでした。

 患者さんにとっては、今までのリハビリで全く変化を感じられなかったので、少しでも前進した印象を持てたことが、とても大きかった様です。

 それから3年間にわたり、毎週土曜日。患者さんのご自宅へ通い続けました。

 患者さんご本人の努力、そしてご家族の支えもあり、念願だった復職を叶えたのです。

 言いたいのは、決して僕の腕一本で改善したわけではないということです。

 僕はあくまで身体のケアを通して、改善の筋道を作っただけ。

 結果的には復職できましたが、まだ左半身は不自由な状態です。ようやく左手が動くようになってきたところ。

 まだまだ、先は長く、そして長いおつきあいになりそうです。

 僕は様々な研修会に参加し、自分自身も「3-stars」という団体を持って、北本市で後輩の指導に力を注いでいます。

 実力だけで言ったら、そう簡単には負けません。

 でも、人の身体は難しい。この印象はずっと変わっていません。

 適切なリハビリとご本人の努力、そしてご家族を中心とした周りのサポートがあれば、どんな状況であろうとも変化は可能なはずです。

  

 僕はそこにチャレンジしたくで、開業致しました。

 

 その中で、北本市に住む方が元気になり、そのご家族も元気になり。

 街に活気がでれば、これ以上の幸せはありません。

  

 もしこのチャレンジが失敗したとしても、後悔は絶対にしません。

 病院では知りえなかった真実を、自分の目で確かめていきたいと思います。

 

 今後とも、みどりリハビリサービスをよろしくお願いいたします。 みねざき

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。




お問い合わせ

CONTACT

お客様との信頼が大切だと考えております。
営業の電話は行いませんので、小さなことでもお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

tel:080-2391-1961
お問い合わせ